COLUMN
コラム

YouTubeの動画編集を外注したときの相場まとめ

いまや大人気のYouTubeですが、この特徴は動画・映像化にしてユーザーに必要な情報を発信するものです。

今までは画像や文字で説明を受けていたものが、「動き」で見られることでより分かりやすくなってきました。

動画だからこそ面白いものや必要なことが発信できるYouTubeは、生活の中で

様々なニーズにこたえることができる新しいネットアイテムです。

今ではYouTube専用の会社まで立ち上げています。

YouTubeは新しいビジネスとして動き出してきているのです。

もうすでにプラン計画・マニュアル作成・サービス内容などを、動画や映像化している企業もあります。

しかし高品質な動画を個人で作るのは難しいという問題もできます。

そんな方には動画・映像作成会社に外注するのがオススメです。

新しいサービスを取り入れる場合の一番の不安は「相場はどれくらいなんだろう」ということではないでしょうか。

そんな不安を解消するために動画・映像作成サービスについてお話しします。

動画編集を外注するところはこの2つ

動画・映像制作サービスとは映像化することによって、「より分かりやすく、魅力的に」自社の商品やサービスを、ユーザーへ発信してくれる映像コンテンツを作成してくれるサービスです。

では動画・映像制作サービスにはどのようなものがあるのでしょうか?

動画制作会社

こちらは企業が動画制作会社に制作を依頼する方法です。

自社がどのような動画作成をしたらよいのかわからない場合には、動画作成会社を

利用するといいでしょう。

・JPC. Movie SECtion

     自社スタジオを持ち、写真家・ヘアメイク・フードコーディネーターなど

     自社で撮影から映像化まで行ってくれます。

・ムビハピ 

     企業の売上アップと集客拡大の結果を出す動画制作と動画活用コンサルティング     をセットで行うサービスを提供しています。

     取材風な動画・ドキュメンタリー動画の分野が得意です。

・VIDEO BRAIN

     専門知識不要でAIによる自動動画編集クラウドサービスとなっています。

     デザインフォーマットも種類が豊富で定額制で作り放題というのもみりょくです。

この他にも動画編集を行っている会社は・NewsTV・Shibuya Movie・ゆるりと・Borderless・Cyberなどがあります。

クラウドソーシング

動画・映像制作のクラウドソーシングとは、オンラインで抱えているクリエイターをクライアントに紹介するサービスです。

具体的な動画や映像・その方法など作成方法が決まっている企業には、こちらがオススメです。

また低コスト・短期間納入などのメリットもあります。

ランサーズ

     多くのジャンルを専門にしているクリエイターが在籍しています。

     マーケティングに関わるあらゆるジャンルもサポートしてくれます。

Crevo(クレボ)

     動画に特化したクリエイターと、経験豊富なディレクターが在籍しています。

     独自の動画作成支援ツールを持っているため、クライアントとクリエイターの

     コミュニケーションを効率よく行ってくれます。

クラウドワークス

     動画作成・編集の発注が格安です。

     他の動画作成会社に勤務しているクリエイターが副業として登録していることも     あるので、クオリティーの高い作品も期待できそうです。

その他にも・カチコ・ LOCUS(ローカス)・ Viibar(ビーバー)・ 90 Seconds(ナインティーセカンズ)などがクラウドソーシングでも動画編集してくれるところがたくさんあります。

動画制作会社の動画編集相場は?

動画を一から作ってもらうため、クラウドソーシングと比べると、コストは高くなります。

しかし専門知識のある方にじっくりと相談できるため、あなたの思い描いた動画を作成してくれます。

内容により、料金は様々です。

  • アニメーションなのか実写なのか
  • 動画秒数
  • 自社サイトでの会社紹介なのか、ウェブ広告として利用するのか

などの条件により異なってきます。

目安としては

  • インタビュー撮影      1~15万円
  • セミナー・イベント撮影   5~70万円
  • ウェブムービー制作     20~80万円
  • 会社紹介・PR映像制作   25~100万円

となっています。

料金の幅がかなり大きいので、どの会社を選択するのか迷いますね。

中には300万円ほどの費用がかかる場合もあるようです。

アニメーションを使った動画なら30秒で20~30万円といったところです。

実写だけでなく、アニメーション動画を利用するのもいいかもしれません。     

クラウドソーシングでの動画編集相場は?

こちらもやはり条件により価格は変わってきます。

ただ動画にしたい構図や資料などが決まっている場合は、一人のクリエイターで作成するため動画制作会社に依頼するよりもかなりお安い値段となっているようです。

1本約15万円~くらいから可能です。

さらに低い価格のものもあるようですが、条件次第ではないでしょうか。

動画編集外注したときの相場【まとめ】

動画編集を外注した場合はどこを編集したいか決まっていますか?

BGMを変更したい、映像を変更したいなど様々です。

制作会社に依頼すると数万円かかるようですが、クラウドソーシングからクリエイターにお願いすると数千円から制作してくれるようです。

ただし、どちらも条件により金額は変わってきます。

価格だけで見るとクラウドソーシングからクリエイターを紹介してもらう方が安くなります。

しかし動画を制作会社に依頼した場合には高価ではありますが、メリットもじゅうぶんあるようです。

それは制作後のアフターケアが万全ということです。

画像制作会社に頼むのがよいのか、クラウドソーシングのクリエイターにお願いするのが

よいのかは、金額だけで決定してはいけません。

あなたがある程度の形を作った後は、自分でその画像や映像を触ることができるスキルをお持ちなら、クリエイターに依頼するのもいいでしょう。

全く画像・映像を触ることができない場合は制作会社に依頼する方が得策です。

どちらにもメリット・デメリットがあります。

ただどちらも見積もりは無料なので、まずはあなたの依頼したい内容の見積もりを出してもらうと選択基準になると思います。