COLUMN
コラム

SXOとは?SEOとの違いを解説。検索意図を読み取ろう!

どんどんと進化している検索エンジン。

インターネットをお使いの方なら一度は使っていますよね?

その情報を得るために何度もキーワードを足していったり、キーワードを変更してみたりと検索に時間をとられていた方も多いのではないでしょうか。

検索というのはユーザーにとって本当にめんどくさい作業だったりしますよね。

最後には本当に欲しい情報がなかったと諦めてしまう人もいたのではないでしょうか?

しかし今は検索エンジンも進化しはじめているようですよ。 この進化により将来的には、ユーザー・企業の両方が得をするシステムになっていくと思います。

SXOとは何か?

SXOとは日本語にすると「検索体験の最適化」という意味です。

検索したキーワードの意図をさらに大きな範囲で理解し、ユーザーが求めている 情報はどんなものなのだろうか?と考えてくれます。

SXOを取り入れた検索エンジンサイトは、少ないキーワードであなたの欲しい 情報や、あなたの思いつかなかった情報も一緒に提供してくれるサービスです。

少ないキーワードで情報を検索できることは、まさにユーザーを満足にさせる機能で す。 ユーザーのために開発されたシステムと言っても過言ではないでしょう。

このシステムはこれからどんどんと主流になっていくことと思います。

SXOとSEOの違いを知っておこう

では、SXOとSEOの違いは何でしょうか? それぞれを一つの例で説明してみましょう。

もしあなたが花粉症だった場合、検索エンジンでキーワードは何と入れるでしょうか? 花粉症によく効く薬を調べたい・花粉症を予防する方法が知りたいと、「花粉症」というキーワードでもユーザーの欲しい情報は様々です。 今までのSEOシステムの場合は

  • 花粉症 薬
  • 花粉症 予防

等のキーワードを入れて検索していませんでしたか?

しかしそれでもユーザーの欲しい情報が出なかった場合は

・花粉症 よく効く 薬

・花粉症 予防対策

と、どんどんキーワードを増やして、やっとあなたの欲しい情報を手に入れることができました。

SEOはその言葉のみを検索してくれるシステムでした。

一方のSXOの場合は   ・花粉症 予防 というキーワードを入れただけで

「花粉症によく効く薬」

「花粉症の予防対策」

「花粉症に効く食べ物」

など花粉症予防に関連した多くのコンテンツを探してくれます。

ユーザーにとっては少ないキーワードで多くの情報が得られるシステムとなっています。 時にはあなたの知らない情報まで手に入れることができるようになるのです。

SXOとSEOの大きな違いは?

この二つの大きな違いは検索サイトが企業の立場からユーザーの立場へ変更されたことです。

SEOはユーザーの入れたキーワードのみを検索結果の上位から表示します。

目的はウェブサイトへの訪問者数の増加、つまり企業サイトを「検索エンジン」の 上位に上がらせる方法でした。

ユーザーにとっては検索キーワードを増やしたり、全く別の言葉に置き換える必要があり、 検索だけなのに時間をかなり費やすことにもなりました。

また時にはその情報を得るために、まずは別のキーワードを入れて知りたい情報のキーワードを手に入れなければならないこともあり、ユーザー側にとっての「検索」は苦労するものだったのです。

それに対してSXOの目的は、検索したユーザーの意図をくみ取り、それに合致した情報を提供し、ユーザーを満足させることなのです。

ユーザーが自分の知りたい情報のキーワードを入れるだけで、その言葉に関連したサイトがたくさんあがってくるようになっているのです。

これはユーザー側にとってはありがたい仕組みです。

もちろん、企業側にもメリットが出てきます。 今までは特定されていたユーザーが、このシステムにより多種多様なユーザーに情報を提供できるようになるからです。

たかが「検索」ですが、ユーザーの手間やそれにかける時間が短縮され、多くの情報を得る こともできるSXOは、ユーザーにとって魅力的なシステムとなっているのです。

【まとめ】検索意図を読み取る記事作成で上位表示を…

これからの時代はSEOからSXOのシステムに変わってくるでしょう。

サイトの立場に立ったシステムからユーザーの立場に立ったシステムが確立すると、 企業側は工夫を凝らした記事の作成や自社サイトが必要となってくるのです。

今までは製薬会社なら薬の紹介だけを自社のサイトに載せるだけで、キーワード検索の上位にあがってきていたものが、これからの時代は変化していくのです。

SXOシステムによって、ユーザー目線で検索エンジン上位になる方法が必要となってきました。

多くの検索エンジンサイトがSXOを取り入れるようになれば、自社サイトに自社の製品やサービスにちょっとプラスして、それに関連するコラムや豆知識を入れるだけで上位になることも可能になります。

製薬会社なら薬の紹介だけでなく、予防するための方法や食べ物などの情報も、自社サイトに入れていくというような工夫が必要とされていくわけです。

インターネットのサイトは多くの閲覧者数を目的にしています。 検索が簡単になるこれから、今まではユーザーの目に止まらなかった箇所も読んでもらえるようになると思います。

ユーザー側にとっても一つのサイトで多くの情報を得られることはプラス面です。

ユーザーが検索時間を短縮できるようになると、自社サイトの製品やサービスなども 見てくれる可能性もあります。 こうなると企業側も新規のお客様を獲得できるチャンスとなってきます。

SX0はどちらにもメリットがある嬉しいシステムですね。

そのために企業側はホームページのリニューアル、コラムや豆知識などが自由に書きこめ、変更できるようなものを自社サイトに取り入れていくといいでしょう。