COLUMN
コラム

SEO効果に時間は?

SEO対策の効果には時間がかかる?順位上げるためのコンテンツ作りとは

SEO対策をしてすぐに1~2週間で効果が出ると、期待しているのなら大間違いです。今まで検索上位にあがらずいくつものキーワードを入れて、やっと出てくるサイトはSEO対策の効果を実感するにはかなりの時間が必要となります。

今では当たり前になったSEO対策。他のサイトでも行っているのですから、あなたのサイトがすぐに検索上位にあがるわけはないのです。

また検索上位にあがっているサイトは、あなたが思っている以上のSEO対策を行っています。

SEO対策の効果に時間がかかる理由とかかる時間は?

しっかりとSEO対策を行った新サイトでも、効果が出るまでに時間がかかります。

SEO上位になるにはサイトの中身もしっかりとし、ユーザー訪問数が上がらなければなりません。

これには検索エンジンサイトの理由があるのです。

時間がかかる理由は?

検索エンジンサイトで有名なGoogleでは、ユーザーの訪問数だけで順位を決めているわけではありません。

そのサイトの信頼性や良質なコンテンツであるかなど、あらゆる面から順位を決めています。

Googleでは、コンテンツの内容や、悪質な方法でユーザーが集められていないかと常にサイトを巡視しているのです。

Googleは「信頼できるサイト」「ユーザーにとって価値のあるサイト」を大切なポイントにしています。

SEO対策の効果が出る時間ってどれくらい?

新規に作られたサイトであれば、半年~1年ほどで効果が出てくるでしょう。

既存のサイトがある程度のSEO対策を取り、さらに強化した対策を取れば1~2ヶ月で結果が出ると思います。

新設サイトは、Googleから「ユーザーにとって価値のあるサイト」と認識されるためには数か月かかるのです。

「1年も待っていられない!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、Googleから「良質なサイトである」と認めてもらわなければならないのです。

SEO対策で効果を最短で得るためのコンテンツ作りとは?

最短でSEO対策をの効果を得ようとするためには、コンテンツ作りは大切になってきます。

検索エンジンサイトは精査するポイントが年々増えています。

検索エンジンのキーワードはもちろん必須項目です。

その他にも、ユーザーが使いやすいかというポイントが重要となってくるので、質の良いコンテンツ制作を心がけましょう。

検索意図を理解したコンテンツ

検索意図を理解したコンテンツを制作するには、ユーザー目線の立場が必要です。

洋服を買いに行った時に「どのようなものをお探しですか?」と店員に聞かれた経験は、誰でも一度はしたことがあるでしょう。

「スカートを探しに来た」と言えば、店員はいくつかの商品を持ってきてくれます。

コンテンツでも同じことが言えるのです。

たった一つのキーワードで、「この人はこのキーワードで何を知りたいのだろうか」ということまで考えなければなりません。

検索意図を理解するとは、ありとあらゆる情報の提供を考えなければならないということです。

またどのような検索ワードを入れるとユーザーはわかりやすいのかなども、一緒に検討しましょう。

内部リンクなどの内部施策

ここ数年で内部施策も重視されるようになってきました。

内部施策は後で行うよりも、ホームページ制作と一緒に行うほうがいいでしょう。

ホームページ作成後の内部施策は、かなりの費用がかかります。

内部リンクで、サイト内のコンテンツが簡単にみられるような対策を行うと、ユーザーの滞在時間も長くなります。

また商品・サービスを購入してくれることもあるでしょう。

まとめて言えば「訪れたユーザーが見やすいコンテンツを作る」という対策です。

検索エンジンサイトでは、サイト内まで精査するので、ユーザーを基本とした内部施策を取りましょう。

被リンクなどの外部施策

外部対策ももちろん検索エンジンのSEOに重要なものとなります。

他のサイトに自サイトのリンクを貼り付けてもらうだけで立派な対策となります。

ただし、被リンクの数が多すぎたり、サイトの質が悪い場合は、Googleからペナルティを受けることもあるかもしれません。

  • 不正な方法で被リンクを獲得
  • 悪質なサイトからスパムリンクとして貼り付けられている
  • 外部サイトが低評価である
  • 被リンクが異常に多い

など、自サイトでは対応できないこともあるので注意が必要です。

自サイトの被リンクが悪質なサイトに貼られないためにも、サイトやコンテンツの質を高めましょう。

リライト

記事作成の場合は、初めから全て作らなければなりません。

サイトに合ったテーマを決めてから、記事作成に取りかかります。

しかし、伝えたいことはあるもののテーマが決まらないなどの場合は、すでにリリースされているサイトのテーマをそのまま活かし、文章の内容を書いていくことです。

良質のサイトは上手にテーマが決められているので、リライトするとSEO対策にもつながります。

多くのサイトを見てどのテーマをリライトするかで自サイトの品質もかわってきますので、かなり重要なポイントと言えるでしょう。

SNSでサイテーション獲得

検索エンジンがサイテーションとして認識してくれるポイント

  • サイト名・会社名
  • 住所や電話番号
  • テキスト状のURL

の3つです。

会社の名刺のようなものですね。

SEO対策のために、これらを広めていく必要があるのです。

最近ではSNSを使う人が多くなってきました。

自サイトを広める場合にはSNSを活用しましょう。

SNSの名前に「会社名」を入れると検索しやすく、たまたまたどり着いたユーザーが「どんな内容だろう」と自サイトを検索してくれるかもしれません。

もちろんSNSには会社名や住所・電話番号・URLなども記入しておきます。

SNSはプロフィール欄があるので、簡単に知らせることができます。

また「#」(ハッシュタグ)なども使うと効果的です。

「#」の後にどんな会社なのかを入れたり、どんなものを取り扱っているのかを入れると、検索であなたのSNSがヒットすることもあります。

ただし「#」の言葉は、検索しやすい言葉を使いましょう。

SNSの情報は常に新しいものでなければなりません。

最低でも1週間に2~3回の更新は必要です。

ツールを使う

GoogleではSEO対策のためのツールが無料で使えるものが豊富です。

しかしこのようなツールは上手に使わないとSEO対策につながりません。

このようなツールを使う場合には、プロにお願いするのも一つの方法ではないでしょうか。

https://soleil77.co.jp/seo-muryotool/

ソレイユでは必要なツールで、あなたのサイトに何が足りないのかを調べることもできます。

Googleのコアアップデート対策も

コアアップデートによって評価順位が変動してきます。

2020年5月のコアアップデートは大規模なものになりました。

  • コンテンツのオリジナル性を高める
  • 専門知識を盛り込み、ユーザーの信頼度を上げる
  • モバイルでも読みやすいサイト
  • 価値のある記事作成
  • コンテンツをさまざまな観点から磨き品質向上させる

などが重要視されるようになりました。

とくに「モバイルでも読みやすいサイト」という指針で、MEO対策をすることも必要となったのです。

MEO対策はSEO対策にも影響を受ける役目となりました。

【まとめ】SEO対策で効果出る時間を少しでも短縮するために

SEOは年々難しくなってきました。

しかしコアアップデートにより、重視されるポイントも増えたので、順位が変わりやすくもあります。

検索エンジンサイトでは「ユーザーが分かりやすい」「ユーザーが信頼できる」サイトを、選択するシステムを強化しました。

そのため、各サイトがかなりの努力をしなければならなくなったのです。

ここでは、SEO対策で効果が出る時間をできるだけ短縮する方法を紹介しました。

中には、素人ではなかなか難しい方法もあります。

とくにSEO対策のツールは、初めてホームページを作った人には使えないかもしれません。

そのようなツールはできるだけ簡単に使いやすくなっているとは思います。

しかししっかりと分析できてるのかというと使いこなせず、本当に分析したいところができていないかもしれません。

SEO対策効果を早く実感したいのなら、プロにお任せするのが一番でしょう。