COLUMN
コラム

検索ボリューム調べ方

キーワード月間検索ボリュームの調べ方は!?オススメツール5選!

SEO上位を狙うために欠かせないのが適切なキーワードの選択です。

でも「効果的なキーワードはどうやって調べればいい?キーワードの検索ボリュームってなに?」と疑問をお持ちではありませんか?

キーワード検索ボリュームはツールを利用すれば簡単に調べることができます。

どんなキーワードが使われていて、実際にどれくらいのサイトが使っているのかを調べられます。

ご自身のWebサイトの強化や弱点の発見にもつながるので積極的に利用しましょう。

今回はキーワード検索の調べ方とオススメのツールを紹介します。

キーワード検索ボリュームとは?

検索ボリュームとは、GoogleやYahoo!など検索エンジンでキーワードが検索される回数を指します。

通常「指定したキーワードが1ヶ月の内に検索された回数」を意味するので、月間の平均検索ボリュームだと覚えておきましょう。

検索ボリュームを知ることでそのキーワードの市場規模を把握できます。

一般的にキーワードは検索ボリュームの数によって以下の3つに分けられています。

  • ビッグキーワード…検索ボリュームが1万回〜
  • ミドルキーワード…検索ボリュームが1,000〜1万回
  • スモールキーワード…検索ボリュームが1,000以下

検索ボリュームによってSEOの戦略も変わってくるのでしっかり確認することが重要。

また、同じ検索ボリュームのキーワードでも、広告出稿回数や広告費単価が高いものほど競合性が高くなります。

キーワードの検索ボリューム調べ方は?

キーワード検索ボリュームは専用のツールを使って調べましょう。

ツールを利用すれば以下のようなことがわかります。

  • 検索ボリューム
  • 競合性
  • 新規の関連キーワード
  • 地域ごとの傾向
  • 時期ごとの検索回数

一つのキーワードを入れるだけでもどれだけ使われているのか、どのキーワードがよく使われているのかなどを知ることができます。

キーワード検索ボリュームを調べてくれるツール5選!無料あり

ここからは、キーワード検索ボリュームを調べるツールを紹介します。

キーワード検索ボリュームで使われている上位のキーワードを入れただけでは、競争率が高いので簡単にはSEO上位にはあがれないでしょう。

キーワード検索ボリュームを調べてくれるツールを使い、独自のキーワードも入れるなどの対策も必要となっています。

まずはあなたが使っているキーワードが、どれくらい他のサイトでも使われているのかを調べてみましょう。

GoogleキーワードプランナーとGoogleトレンド

世界中でよく使われているのがGoogle検索エンジン。Googleには膨大なキーワードが使われているため情報も豊富です。

GoogleキーワードもGoogleトレンドも基本的な機能は無料で利用できます。

Googleキーワードプランナーなら

  • コンテンツ作成やリスティングに使うキーワードを見つける
  • キーワードごとの月間検索数や推移を確認する

などが簡単に調べることができます。

しかし2016年ごろから仕様が変更し、無料だとあいまいな数字しか表示されなくなりました。

月間200円(1ドル)の小額広告費を支払えば、詳細なボリューム数を知ることができます。⇒Googleキーワードプランナー

もしトレンドのキーワードを入れたいなら、「Googleトレンド」もオススメ。

こちらは他の言語を検索することも可能なので幅広く使えるツールです。

「Googleトレンド」で検索すればすぐに出てきます。そこにあなたの使いたいキーワードを入れてみましょう。

  • 人気度の動向グラフ
  • 小区域別のインタレント
  • キーワードに関するトピック
  • 関連キーワード

などが出てきます。⇒Googleトレンド

Ubersuggest

キーワード提案ツールのUbersuggestは、提案数に制限なく完全無料で利用可能。

SEOデータをGoogle検索に直接表示させることができます。

Google、YouTube、Amazonなどの検索バーに入力した検索ワードの検索ボリュームの分析も可能。

このツールを使えば検索閣下トップ10位の競合分析データや検索ワードに関連するキーワード候補リストも取得できるので、自サイトのSEO強化に役立たせることができます。⇒Ubersuggest

キーワードウォッチャー

クロスリスティングが提携する大手ポータルサイトの検索をもとにしています。

ユーザー登録が必要になるものの、使い方はシンプルで簡単。

  • 国内の全検索数
  • 過去13カ月分のデータ
  • 複合ワードの検索

などが行えるので、サイト訪問ユーザーがどのようなキーワードに興味や関心があるのかが分かるツールとなっています。

無料プランと有料プランがあり、無料プランでは月間検索上限や検索可能期間が大幅に制限されてしまうのが難点。

有料であれば制限が緩和され、その他の便利な機能も利用できるのでオススメ。⇒キーワードウォッチャー

rishirikonbu.jp

rishirikonbu.jpは、キーワードに対する上位表示の難易度をチェックできる無料ツール。

新コンテンツ作成や、SEO順位が不安定・順位が落ちたなどには便利なツールです。

キーワードの対する「月間検索」「一位時の月間検索アクセス」などの予想もチェックしてくれるので、SEO上位になる可能性も出てきます。⇒rishirikonbu.jp

Keywordmap

Keywordmapの特徴は「国産ツールとして世界最大量の日本語データを保有」していること。

有料プランのみのツールです。

他のツールでは調べられない「キーワード」の検索も行ってくれるのが強みで、調査対象サイトの制限もないのでどのようなサイトでも調査や分析が可能です。

インストールの必要がなく手軽に始められるのもメリットの一つ。

Keywordmap

キーワード検索ボリュームを調べてくれるGoogle拡張機能【Keyword Surfer】

Keyword Surferは、Googleクローム拡張機能の一つで無料で簡単に利用できます。

  • キーワードの推定月間検索ボリューム
  • サイトの推定月間トラフィック数
  • ページ内の単語数
  • ページ内の完全一致キーワード数
  • 関連ワードとその推定月間検索ボリューム

などさまざまなことを確認することが可能。

無料でここまでの機能が利用できるのは嬉しいですね。

Googleクローム拡張機能は、当初は無料だったものが有料になることもあります。

Keyword Surferは現時点では無料で利用できるオススメのツールです。⇒Keyword Surfer

使用する場合はGoogle Chromeをあらかじめダウンロードしておきましょう。⇒Google Chromeダウンロード

【まとめ】検索ボリュームを知るメリットは!?

検索ボリュームは他のサイトでどれほど使用されているのかを知るメリットがあります。

検索ボリュームがあまりにも多いと、SEO上位に食い込むことは難しいでしょう。

しかし、検索ボリュームにあがってこないキーワードを使っていても、サイトはSEO上位になる可能性はありません。

検索ボリュームにあがっているキーワードを複数使うなど、自サイトのSEO対策に役に立つのが「キーワード検索ボリュームツール」です。

キーワード検索ボリュームツールは無料で使えるものもあります。

まずは無料のツールから使ってみて、欲しい機能や足りない機能があればより詳細な情報が入手できる有料のツールを導入するのがオススメ。

キーワードの検索ボリュームを分析してSEO対策を行いましょう。