COLUMN
コラム

リスティング広告とは_メリットとデメリットを知って広告運用

リスティング広告とは!?メリットとデメリットを知って広告運用を

リスティング広告を利用することであなたの目的にあった集客がすぐにできるという最大のメリットがあります。

しかしメリットだけではありません。

広告運用で抑えておきたいリスティング広告のメリットデメリット。

この記事で、リスティング広告を利用していくうえで必要なことを学んでいきましょう!

リスティング広告とは?どんな意味か詳しく解説!

リスティングとは、List=項目・目次が語源で、「特定の条件に応じてデータを取り出す」という意味です。

リスティング広告には下記のものがあげられます。

  • 検索エンジン(GoogleやYahoo!など)に表示させる
  • SNSでユーザーがキーワード検索したとき、検索結果に表示させる

このように検索キーワードをもとに広告を表示させることを「検索連動型広告」といいます。

グーグルではキーワードで検索したとき、上部に表示されるのがリスティング広告。(広告と書いてあります)

そのしたに表示されるのが自然検索です。

自然検索では「ユーザーに有益性の高いと判断されたWebサイト」から順番に表示。

自然検索で上位に表示されるには、SEO対策やWebサイトの最適化などさまざまな対策が必要です。

一方、リスティング広告を利用すれば課金することで、自然検索で上位のサイトよりも上部に表示可能。

「広告」や「PR」と表示されているものがリスティング広告です。

リスティング広告のメリットデメリット

リスティング広告はPPC広告の一種です。

基本的にユーザーのクリック数に応じて費用がかかります。

アフィリエイトにも効果の発揮できるPPC広告。

アフィリエイトサイトでリフティング広告を利用する場合、禁止事項を破ると報酬が受け取れなくなる危険性も…。

出稿自体が禁止されていないか、間違った情報を記載していないかよく確認するようにしましょう。

それでは、リフティング広告のメリットとデメリットを解説します。

メリット

リスティング広告のメリットは7つ。

  1. 属性・ターゲットを自由にしぼれる
  2. 検索結果で自然検索よりも上部に表示できる
  3. コストバランスが調節しやすく低予算で配信可能
  4. すぐに広告が出稿できてやめるのも簡単
  5. SEOよりも即効性を期待できる
  6. 数値で効果検証を可視化できる
  7. 充実したノウハウを活用可能

それぞれ解説していきます。

1.属性・ターゲットを自由にしぼれる

ユーザーがインターネットで検索するキーワードは、検索した人のニーズを反映しているのです。

属性が絞れる。それはつまり、購買意欲の高い検索キーワードを設定すれば、購買意欲の高い人に広告を配信できます。

ご自身の目的にあったターゲットに効果のある広告配信ができるのは大きなメリットです。

例えば、「空気清浄機 通販」や「空気清浄機 安い」などのキーワードでは、ユーザーは実際に商品の購入を検討していることが多く、ニーズが顕在化したキーワードと言えるでしょう。

このようにリフティング広告は、ニーズが顕在化しているキーワードを設定することも可能です。

2.検索結果で自然検索よりも上部に表示できる

Googleで検索をかけると上部に広告・そのしたに広告以外(SEO)を考えられた記事が表示されます。

検索結果で上部に表示されているサイトのうち、「広告」や「PR」と表記されているサイトはリスティング広告。

目立つ位置に表示されるのでクリック率も高くなりますね。

3.コストバランスが調節しやすく低予算で配信可能

リフティング広告はクリック課金なので、クリックの回数によって広告費が発生します。

広告がクリックされない場合は費用は発生しませんが効果を見込めません。

出稿の最低設定金額もないので、数百円〜といった低予算で始められます。

また、リフティング広告はキーワード単位で費用を調整できるため、コストバランスよく設定可能な点もメリットと言えるでしょう。

4.すぐに広告が出稿できてやめるのも簡単

リフティング広告は思い立ったらすぐに出稿できます。

  • URL
  • タイトル
  • 説明文

最低限この3つがあれば出稿が可能。

また、広告をやめたいときもすぐに停止できます。

広告の説明文の変更も簡単なので、効果が少なかったり伸び悩んだ時にもすぐに対応できますよ。

5.SEOよりも即効性を期待できる

自然検索ではユーザーに有益と評価されたサイトから上位表示されます。

有益なサイトだと評価されるには、Webサイトの構造の最適化はもちろん、SEO対策などのコンテンツマーケティングも必須。

コンテンツマーケティングは、効果が出るまで数ヶ月〜1年間と時間がかかります。

一方、リスティング広告は早ければ利用したその日から成果を得られます。

6.数値で効果検証を可視化できる

リスティング広告は効果検証を可視化しやすいのもメリット。

管理画面から簡単に広告の効果を数値で確認できます。

  • 広告が表示された数
  • キーワード単位のクリック単価
  • ページを訪れたユーザーの数
  • 購入率
  • コンバージョン率

上記の他にもさまざまな効果が数値で可視化されています。

データを検証して広告を改善する具体策を講じることができますね。

7.充実したノウハウを活用可能

リスティング広告は市場の大きさから、多くのノウハウが蓄積されています。

検索エンジンやSNSによっては、電話やチャット相談に対応していたり、オンラインでの学習などができるサービスも。

また、Web制作会社には独自のノウハウがあるのでより高い効果が期待できます。

プロに依頼するのも一つの方法です。

デメリット

リフティング広告にはデメリットもあります。

ここでは4つのデメリットを解説します。

  1. 広告の出稿や運用に手間がかかる
  2. 効果を出すためには専門知識が必要
  3. 出稿や運用には予算が必要
  4. 広告を避けるユーザーの存在

1.広告の出稿や運用に手間がかかる

リフティング広告の出稿でつまづき易いのは、キーワードの選定・管理と説明文作成です。

どちらも的確でないと広告の効果は伸びません。

対象ユーザーに響く文を考え抜く必要があるので、慣れないうちは難しくかなり時間もかかるでしょう。

また、リフティング広告は出せば終わり、という訳にはいかず修正と改善が必要です。

データで効果検証をしながら説明文やキーワードを変更したり、季節やイベントによってトレンド市場を把握したりと手間をかけて運用する必要があります。

2.効果を出すためには専門知識が必要

広告の運用で成果を出していくには専門知識が必須。

管理画面の操作はもちろん、競合サイトの研究やデータを正確に読み取って反映させる力なども必要です。

また、リスティング広告には広告表示オプションやマッチタイプなど様々な機能があり、それらを使いこなしていくことも重要になってきます。

効果を出すためには高い専門知識とノウハウが必須だと言えるでしょう。

3.出稿や運用には予算が必要

リスティング広告は入札制です。

人気キーワードになると競合が多く、クリック単価が高くなってしまう傾向があります。

その価格は年々高くなっており、ボリュームの多いキーワードは大手企業が広告枠を占めていることがほとんど。

また、SEOと違いリスティング広告はクリック課金なので、続けるには運用費用が必要です。

4.広告を避けるユーザーの存在

メリットの項でご紹介したように、リスティング広告は検索結果の上位に表示され「広告」と記載されており、一目で広告であるとわかります。

ユーザーの中には、企業の広告を良しと思わず、あえて避ける人も一定数存在します。

リスティング広告運用にはどんなものがある?

リスティング広告運用にはどんなものがある?

リスティング広告は、検索エンジンを利用するものと、SNSを利用するものの2つがあります。

検索エンジンはGoogle広告とYahoo!広告。

SNSはFacebook・Twitter・Instagram広告など。

Google広告

日本国内で最も利用されている検索エンジンのGoogle。

Google広告はリスティング広告の他にも、ディスプレイ広告・動画広告・アプリキャンペーン・ショッピング広告があります。

Googleのリスティング広告は低予算ではじめられます。

その理由はクリック課金制で上限金額も自分でセッティングすることが可能です。

低予算で始めたい人にもオススメ。

設定に対応した掲載方法を自動で取得する「自動Facebook広告は、Facebook入札機能」をはじめ、表示広告オプションなど様々な機能が利用できます。

Google アナリティクスと連携しやすいのも嬉しいポイント。

しかし、専門知識のない方は機能を使いこなせない、クリック単価が高めなどのデメリットもあります。

Yahoo!広告

Yahoo!広告は、日本最大のポータルサイトYahoo!Japanに広告を配信します。

Google広告と同じくクリック課金制です。

ユーザー層は40~60代の中年層がとくに多く、またPCユーザーが多いのも特徴。

facebook広告

世界中で約26億人が利用しているFacebook。

日本国内の利用者数は約2600万人です。

Facebook広告は下記4つのプラットフォームで配信可能。

  • Facebook
  • Messenger
  • Instagram
  • Audience Network

Facebookやインスタといった利用者数の多いSNSを横断して配信できるのが魅力です。

また、Facebookは実名制による高精度なターゲティング効果が期待できます。

Twitter広告

アクティブユーザーは世界で3億人以Twitter広告は、Twitterの検索結果や上、日本国内では約4600万人以上のTwitter。

Twitterの検索結果やタイムラインに広告を配信することができます。

ユーザーのツイートを基に多彩なターゲティングが可能。

若年層へのアプローチやリツイート機能を用いた二時拡散などが期待できます。

インスタ広告

Instagramは利用者数約3300万人を超える人気SNS。

インスタ広告は、Instagramのタイムラインやストーリーズ、発見タグに広告を配信するサービスです。

写真や動画を主にした視覚的アプローチで、ユーザーを先導します。

InstagramはFacebookグループのため、実名制を用いた高精度のターゲティングが魅力。

ユーザー層は男女比が4:6、20代〜40代がとくに多くなっています。

【まとめ】リスティング広告メリットデメリット

リスティング広告は、低予算で開始できる・即効性がある・効果検証がしやすいなどのメリットの反面、運用するには専門スキルや費用が継続して必要などのデメリットもあります。

リスティング広告のメリット・デメリットを把握し、活用していきましょう。

せっかく費用や手間をかけても、運用がうまく行かなければ利益に繋がらない場合もあります。

そんな場合は、独自のノウハウのあるプロに運用を依頼するのもオススメ。

ソレイユでは広告運用を得意としております。お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。