COLUMN
コラム

リスティング広告運用代行の相場は

リスティング広告運用代行の相場は?どのような内訳?!

「検索連動型」「コンテンツ連動型」に分類されるリスティング広告。

自分で制作しようとするとかなりの時間を取られるので、専門会社に依頼する企業も多いでしょう。

リスティング広告の運用代行と実際の費用対効果が見合うようにする必要があります。

この記事では代行してもらったときの費用をご紹介します。

リスティング広告運用代行相場はいくらくらい?

リスティング広告運用を代行してもらった場合の手数料の支払い方には3つのタイプがあります。

広告費用から算出される

広告費の20%を広告運用代行手数料として支払う方法です。※こちらの20%は各代行社によって異なるので、確認しましょう。

例:200万円の広告作成をお願いしたときは、広告運用代行手数料は40万円となります。合計で240万円を支払うことになります。

成果報酬

成果に応じて手数料の金額が決まります。

成果とは広告がクリックされた回数に1クリック単価をかけたものです。

例:目標CPは20,000円で今バーション率が1%と仮定した場合、クリック単価の上限価格は200円となります。

定額

手数料が定額になっている代行社もあります。

広告費用が25万円未満:一律5万円

広告費用が25万円以上:広告費用の20%

その他にも、初期費用を支払わなければなりません。(代行社によっては初期費用0円と言う所もあります。)

こちらはリスティング広告運用代行社によってさまざまです。

一般的な初期費用は3~10万円ほどになっているようです。

リスティング広告運用代行の仕訳は?

リスティング広告運用代行には、主に下記のものがあります。

初期費用(3~10万円)

  • ターゲットの設定
  • ターゲットからキーワード調査
  • アカウントの作成
  • 初期の目標コンバージョン設定
  • 出稿時の文章作成
  • 広告出稿

広告費

広告費用は企業が決めるので、費用は異なる

運用代行費(広告費用からの算出・成果報酬・定額型)

  • キーワード単価の調整
  • 除外するキーワードを設定
  • 月ごと・日ごとの予算設定
  • ABテスト
  • 調査報告

リスティング広告運用代行するのに必要なものは?

広告は、自社の商品やサービスをユーザーに知らせるだけでなく、自社のアピールにもつながります。

何もかもリスティング広告運用代行社に、丸投げしてしまうと、自社の特徴や商品やサービスの良さをユーザーに伝えることができません。

広告運用の目的を担当者にしっかり伝える

広告運用の目的は、企業によってさまざまです。

まずは広告運用代行社の担当者にその目的をしっかり伝え、目的が達成できるような広告を作ってもらいましょう。

  • ターゲット:自社の商品・サービスを利用するユーザーのタイプ
  • ゴールの明確化:購入や申し込みなど売上を重視している・資料請求や問い合わせなどを増やす・サイトへのアクセス数を増やし、自社の認知度を拡大する
  • 自社の強み:キーワードや広告文に入れることで、同種サイトとの差別化をはかる。

広告運用代行のサポート面の打ち合わせ

広告運用代行社がどこまでサポートしてくれるのかは気になりることろですね。

ただし、全てのサポートを広告運用代行社に依頼すると、別途料金がかかることもあるでしょう。

リスティング広告は、企業側でも操作できるところもあります。

少し文面を変えたいと思うくらいであれば、自社で変更することもできるでしょう。

もちろん、出来上がった広告をチェックしている間なら、無料で変更できますよ。

サポートの内容と自分で変更できる場所は、しっかりと確認しておくといいですね。

媒体はどこを使うか?(Google・インスタなど)

GoogleやYahoo!など検索できるサイトは、いくつかありますね。

また全世界に発信できるSNSもあります。

大企業や、店舗が数店ある場合は、GoogleやYahoo!が効果的です。

さまざまなユーザーに「店舗情報」を流すことができることが特徴です。

一方、SNSは売りにしたい商品やサービスをメインにアピールすることができます。

どのように自社をアピールしたいのかで、選ぶ媒体も違ってきますね。

契約書

契約書にはさまざまな項目が書かれています。

リスティング広告運用代行社から提出された契約書にはしっかりと確認し、契約書に盛り込みたい項目は企業から伝えましょう。

広告費の支払い

  • 支払い方法
  • 広告運用額(※運用する広告費を、リスティング広告運用代行社が広告媒体に建て替え支払いしたのちに、企業が立替分を支払う後払いと、先にリスティング広告運用代行社に媒体費用を先払いする方法があります)

代理店への報酬支払い

  • 企業がいつ報酬を支払うのか
  • 報酬はどのように決められているのか(運用費から算出された割合型・成功報酬型・定額型)

広告主への報告

  • いつまでに報告するのか
  • 報告方法(報告書・電子メール・2つのどちらか)

アカウント情報の開示

  • アカウントの所有権はどちらにあるのか(所有権がリスティング広告運用代行社であった場合は、企業が請求すればアカウント情報を一切開示する)
  • 契約終了後は企業側に一切の情報を返還する

大きな項目だけを見て、契約するのは絶対にやめましょう。

よく見ていくと、リスティング広告運用代行社に有利な契約となることもあります。

契約を交わした後に、トラブルになっても契約事項が優先されます。

【まとめ】広告運用代行の相場まとめ

広告運用代行の費用は、報酬のタイプによっても違いが出てきます。

成果報酬型であれば、売上に直結していなくてもクリック回数で請求されるので、広告運用で赤字になることもあるでしょう。

GoogleやYahoo!では、検索キーワードに関する広告が一番初めに出てきますね。

しかしクリックするユーザーが少ない広告もあるのです。

広告運用代行社からの報告書をしっかり見直し、場合によっては「広告撤退の時期やポイントを決めておく」ことも大切でしょう。