COLUMN
コラム

Webマーケティングの将来性は?仕事はなくなる?

最近ではWebマーケティングは当たり前となりました。

その一方で「今後、Webマーケティングは不必要になり仕事がなくなる」という意見も聞かれます。

本当に今後、Webマーケティングの仕事はなくなるのでしょうか?

現在ではWebマーケティングの需要は多く、これからはもっと進化していくことでしょう。

今のようなWebマーケティングは今後なくなる可能性もあるかもしれません。

Webマーケティングとは違った形となり、存続することと思います。

Webマーケティングの未来と、Webマーケティングに転職や起業できる人のタイプを紹介します。

マーケティングにはどんな職業がある?

Webマーケティングの将来性はないといわれる理由は!?

なぜ「Webマーケティングの将来性はないと」といわれているのでしょうか?

最近では多く職種がWebマーケティングに進出しています。

そのため、同職種の中でトップに立つことは難しくなっていることも現状です。

しかし、現在では多くの職種が参入しているWebマーケティング。

これからWebマーケティングの需要はもっと高まり、将来性はあると考えます。

Webマーケティングの内容難しくなってきているから?

集客→接客→リピーターの循環がうまく回ると、Webマーケティングの成功とも言えるでしょう。

このように循環が上手く回るように行うのがWebマーケティングです。

仕事内容はさまざまです。

Webマーケティングも一般的な会社も仕事の内容は変わりません。

事務的な仕事や営業、広告やチラシの宣伝媒体といったものです。

決定的な違いはWebマーケティングでは、サイトの企画や営業、サイトからの顧客やリピーターの確保、そして「なぜ売れないのか」「なぜ自社サイトを訪れたユーザーが顧客としてつながらないのか」という「なぜ?」を解決するまでが仕事となります。

Webマーケティングでは結果が大切です。

しかし成果が出たからと安心してはいけないのがWebマーケティングです。

つねに新しいものを発信し、ユーザーを引きつけるものを作り続けていかなければなりません。

そのためには「SEO」「MEO」といった「検索エンジン上位」の対策が必要です。

今までは、閲覧数や訪問者数で決まっていたSEO。

最近の検索エンジンサイトでは「サイトの信頼性」「別サイトのリンクの権威性」なども重視され、さらにWebマーケティングに求められるものが多くなってきました。

それによりWebサイト側は「ユーザーにやさしいサイト」を作る必要が出てきたのです。

常に新しいことを考え、アイデアを出すことができる人には、最適な職種でしょう。

資格が必要になってきているから?

結論から言うと、Webマーケティングは資格がなくても、仕事はできます。

実際にWebマーケティングが主流になる前は、無資格でも転職や起業もできました。

しかし現在のWebマーケティング業界では無資格者の採用は難しく、資格は必須といえるでしょう。

資格を取得していると転職のアピールポイントや、信頼性も高まります。

とくに、Webマーケティング業界に初めて転職する人や起業したい人には資格は必要です。

・マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス検定は、Webマーケティングにおいて基礎中の基礎の検定となります。

未経験者やWebマーケティングの基礎が分からない人にはかならず学んでほしい資格です。

・IMA検定

「ビジネスですぐに使えるスキルを身につけたい」人におすすめなのがIMA検定です。

マーケティング・ビジネス検定で学んだことを即実践できるスキルを持つことができます。

この検定には「プロフェッショナルコース」も用意されており、より高いスキルを学べます。

・Web検定

Webに関わるすべての人を対象とした検定です。

この検定では「Webアソシエイト」「Webデザイナー」「Webディレクター」「Webプロデューサー」の認定資格が取得できます。

これらの資格は、あなたがWebマーケティングでどのようなことをしたいかで選択が違います。

ニーズに合った資格を取得しましょう。

・ネットマーケティング検定

初心者でも受けやすいネットマーケティング資格です。

最も効果的はWebマーケティング手法を選択できる人材を育成することを目的としているため、即実践力となる検定とも言えます。

Webマーケティング業界で働きたいと思っている人は、このような資格を取得するのが当たり前となっている現在。

資格が必要だからと言って、Webマーケティングの将来性が危ぶまれることはないでしょう。

難しくなっている=多様化していると捉える

Webマーケティングでは常に新しいものが取り入れられています。

またWebマーケティングを取り入れている職種もさまざまです。

しかしアイデアしだいで、多様化したWebマーケティングでSEO上位を狙うこともできるのです。

とくによくわかるのが、「農家」や「畜産家」ではないでしょうか?

自サイトを持ちながら、SNSを使い取れたての野菜を紹介しています。

現在ではSNSで野菜を売ることもできます。

このようにWebマーケティングの戦略は変わりつつあり、以前のような「キーワード」をいれるだけでWebマーケティングが成功するわけではなくなりました。

今のWebマーケティングは発展途上だとも言えます。

アイデアが、Webマーケティングの成功へのキーポイントとなるでしょう。

Webマーケティング業界は資格を取得しただけでは成り立ちません。

新しいことを取り入れる勇気やアイデアが新しいWebマーケティングを作ることもあります。

多様化しているからこそ、別のWebマーケティングを考え出せるのではないでしょうか。

Webマーケティングがしんどいと言っている人の声

Webマーケティング業界は思っている以上に大変な職種です。

結果が出ても、それを維持する方法を常に考えなければなりません。

では、Webマーケティング業界において「やめておけ」と言われる人の特徴はどんなタイプなのでしょうか。

  • 人に興味のない人
  • 事務的な仕事がしたい人
  • 仕事が多く忙しいのが嫌な人
  • 変化を好まない人
  • 「数字の分析」が極端に苦手な人
  • 言われたことだけをしたい人
  • デスクワークが苦手な人
  • 安定を求める人

これらの要素がある人は、Webマーケティング業界で「しんどいと思う人」「合わない人」「向いていない人」です。

Webマーケティング業界は常に変化しており、その変化がプラスとなるかマイナスとなるかという結果が必要となります。

変化に興味を持つ人や、常に新しいものに挑戦したいという気持ちは、Webマーケティング業界で働くためにとても大切な要素となるのです。

しかしWebマーケティングに興味がある人は、挑戦してみるのもいいでしょう。

もちろん、Webマーケティングでどのような部署につきたいのかを考えてください。

「かっこいいから」というあいまいな理由では、長続きしません。

Webマーケティングの現状は?

Webマーケティング業界の変化は非常に激しく、毎日のように新しい情報が出てきます。

会社独自のWebマーケティング部を持つところもあるほどです。

2010年以前からネット利用が多様化し、ソーシャルメディアの流行が始まりました。

その当時はまだガラケーは主流で、Webサイトを使うのはパソコンだけだったため「キーワード検索」のSEOが全盛期だったのです。

2010年以降にスマホが誕生し、Webだけでなくアプリも登場し始めました。

また通信環境も整備され、iPhoneやAndroid、タブレットなどの通信端末の種類も増加。

今では、スマホ専用ホームページが表示される世の中となったのです。

このレスポンスシブデザインという手法が広がり、現在では多様化されるようになりました。

また、商品やサービスを紹介するだけでなく、「ネットショップでの購入が安い」というのが当たり前の流通ルートも出ています。

これだけを見てもWebマーケティングは、まだまだ進化をとげていくのが現状だと思います。

【まとめ】Webマーケティングの将来性は?

結論からいうとマーケティングの将来性はあるといえるのではないでしょうか。

以前のWebマーケティングは職業としての確立は難しいものでした。

現在では立派な職業として成り立っています。

経済産業省でも「ソーシャルメディア活用ベストプラクティス」を作成しています。⇒経済産業省HP

日本のWebマーケティングはまだまだ発展途上であり、今後はさらに需要が高まることは間違いありません。

ただし、Webマーケティング業界は厳しく大変な職種です。

常に変化を求めている人にはおすすめの職業と言えます。

安定を求める人は、Webマーケティング業界への就職や転職は向いていないかもしれません。

Webマーケティング業界への転職を考えている人は他の資格を持っているのも魅力でしょう。

例えば今まで介護しとして勤務していた、接客業をしていたなど、Webマーケティング業界に関係のない職種であっても、その経験を活かせる業界です。

これからのWebマーケティングの形を変えるためには、資格取得だけでなくアイデアや工夫が必要となってくるでしょう。

コンテンツマーケティングとは

⇒コンテンツマーケティング代行サービスの相場は?