COLUMN
コラム

SEO対策を依頼した場合の費用相場は?

WebマーケティングではSEOは基本です。

サイトを最適化し、ユーザー側から見たHPが使いやすくなっているほど、検索エンジンサイトの上位に上がり、結果的に集客率に繋がります。

検索エンジンサイトを上位になれば、訪問したユーザーが即お客様に変わる可能性があるのです。

SEOは強化したいところが違うと料金体系がかなり変わってくるのです。

中には数百万円以上かかるものもあります。

SEO会社に依頼した場合の費用の相場

大きく分けると「成功報酬型」「月型固定費型」「一括支払い型」の3つとなります。

サービスやあなたの目的により利用する料金体系は変わってきます。

成果報酬だったり月額固定費だったりします。

内容では下記のものがあげられます。

  • サイト設計
  • 内部SEO
  • 外部SEO
  • SEOコンサルティング

SEOと言っても内容はこんなに多くのものがあるのです。

また費用も10万円~100万円と幅広いものもあります。

SEO会社に依頼した場合はコスト面はデメリットに見えますが、あなたが思い描いているSEOの強化対策をしっかりと行ってくれます。

記事量産型はクラウドソーシングや学生ライターが書いたものを、ディレクターが添削しているようです。

多くの記事を必要とする場合は量産型も取りいれるのもいいかもしれません。

クラウドソーシングを使ったseo対策費用相場

クラウドソーシングと言えば、ランサーズやクラウドワークスが有名です。

クラウドソーシングサイトでは多種多様なライターが在籍し、評価システムを導入しています。

評価システムを上手に活用すれば、ライター選びに失敗することはないでしょう。

こちらは「文字単価」と「1本の記事単価」とライターによって違うようです。

1本の記事と言っても文字数制限があるものとないものがあるので、ご自身で調べてみるとよいでしょう。

クラウドソーシングは特化したものが一つしかない専門のライターやコンサルタントがいるのです。

あなたにとって、ライターが必要なのかコンサルタントが必要なのかを見極める必要があるのです。

そのためにはあなた自身が自サイトについて調べなければなりません。

  • どこをどのように強化すればよいのか
  • どのような記事を書いてもらいたいのか

など構成は自分自身で行うことになるのです。

今はユーザーの解析ができるアナリティクス、自サイトを解析するサーチコンソールなどのツールがあります。

これらを積極的に使うとよいでしょう。(この二つのツールはGoogleで無料利用できます)

コスト面では魅力的なクラウドソーシングですが、あなたの意図がうまく伝わらないこともあるでしょう。

まずはあなた自身が強化したい面などを、しっかりと把握してから依頼しましょう。

すぐに記事の作成をするのではなく、ライターの意見も取りいれ、両者がSEOへの考え方を共有していると感じてから発注するのもいいと思います。

それにより安価でも、あなたのサイトへの訪問者が増える可能性は大きいのです。

SEO対策を依頼するときの注意点

SEO対策を依頼する時には、あなたが目的をはっきりさせることが必要です。

  • 自サイトを知ってほしいために検索エンジンサイトで上位になりたい
  • 提供する商品・サービスの販売率をあげたい
  • 商品・サービスの販売が減ってきている

まずはツールを使い数値やグラフで自サイトの欠点や弱いポイントを探しましょう。

数値・グラフ化することによってあなたのサイトは、どのようSEO対策が必要なのか見えてきます。

その後、「成功報酬型」「月型固定費型」「一括支払い型」などの中から、自分のあった

SEO対策を探してください。

この目的をハッキリさせておかないと、間違ったSEO対策を依頼し結果が出ないという可能性もあります。

SEO対策費用のまとめ

せっかくのSEOも、選択を間違えばSEO効果を実感できないはずです。

  • どのようなSEOを行いたいのか
  • SEOにかける費用はどれくらいなのか
  • ツールを使って自サイトの弱いところ知る

この3つのポイントをあなた自身が理解しておいてください。

それにより自サイトの強化面がわかるようになってきます。

また「これだけの費用を出すんだから丸投げしても問題ないだろう」と思っているなら、大間違いです。

数値化されたあなたのサイトを相手に見せ、「ここを強化したい」ということをしっかりと伝えましょう。

文字にするよりもツールで解析されたものを見せる方が、専門家には分かりやすいはずです。

依頼会社を選択する時は焦る必要はありません。

自サイトのSEOをしっかりと強化してくれる会社をじっくりと選びましょう。