COLUMN
コラム

独自ドメインとサーバーの違いは?初心者でも5分でわかる!

皆さんにはおなじみの「ドメイン」。

これは他者と同じものは作れず、世界にただ一つのドメインとなるため「独自ドメイン」とも言います。

サーバーは情報処理や、コンテンツの提供などを行ってくれるためネットショップを、開設するためには必要です。

一方のドメインは、ネットショップの住所的な役割を果たしてくれます。

ドメインとサーバーの違いは、とても簡単に理解することができます。

今回は独自ドメインとサーバーの違いを紹介します。

独自ドメインとサーバーとは?

ホームページを開設する際に、重要となってくるのが、独自ドメインとサーバーです。

この二つの役割はまったく違います。

ホームページ開設の場合は、どちらかを一方だけ取得しても意味のないものとなってしまいます。

独自ドメインとは?

ホームページのURLやメールアドレスに使われているのが、独自ドメインです。

ドメインは住所のような役割を果たしています。

  • http://www.○○.com
  • http://◆◆◆.○○.co.jp
  • △△@○○.com
  • △△@○○.ne.jp

赤文字のところが「ドメイン」と呼ばれるものです。

このドメインがなければ、なければホームページの公開をすることはできません。

現実にも自社の住所があるように、インターネット社会でも住所を持つ必要があるのです。

メールアドレスでは@マーク以下の部分がドメインとなります。

このドメインによって、どこに配達すればいいのかを特定し、@マークよりも前の部分に配達をしてくれるのです。

郵便局での配達で説明すると分かりやすいでしょう。

  1. 手紙をポストに入れる(メール送信)
  2. 配達先の都道府県や市町村に分ける(どこのドメインを使っているのか特定する)
  3. 配達先の宛名を確認し、投函する(@より前の部分に届ける)

このように、ドメインはインターネット内の住所と言えるのです。

サーバーとは?

サーバーとは「サービスや機能提供する側のコンピューター」を意味し、主に性能面で調整されたコンピューターのことです。

  • ファイルの保管
  • 情報処理
  • コンテンツの提供

主にこのようなことをしてくれるのがサーバーです。

現実社会で言うと、「土地」といった所でしょう。

サーバーはその土地の上に、さまざまなモノ(ファイルの保管・情報処理など)を置き、店を開く(コンテンツの提供)こともできる場所です。

ドメインとサーバーの大きな違いは?

ドメインとサーバーの違いは、その役割にあります。

ネットショップを例に考えてみましょう。

ドメイン:ユーザーやクライアント先に教えるための住所

サーバー:自分のネットショップを開く、ドメインによって多くのお客さんに来てもらう場所

と分けられます。

ホームページを作る際は、サーバーという土地にお店を作らなければなりません。

ユーザーに「お店ができました」とお知らせするためには、ドメイン(住所)が必要となってきます。

メールだけの場合は、ドメインだけが必要なので、サーバー取得はいりません。

独自ドメインとサーバーの取得方法は?

サーバー会社とドメイン会社は別々でも提携している所がほとんどす。

サーバーをレンタルすると自動的にドメインも取得することができます。

ドメインはさまざまなものから選ぶことができます。

独自ドメインの取得方法

ドメイン取得の方法は難しくはありません。

取得ページには、詳しく書かれているので指示通り登録を行くだけです。

詳しくはこちらをご覧ください。⇒ソレイユコラム「お名前.comでドメインを取得する方法」

インターネットでの登録はパスワードが必要となってきます。

「登録が終了しました」というページが出ると、パスワードを調べ直すことができません。

必要なものはメモをしながら取得してください。

サーバーの取得方法

まずは自分のホームページやネットショップに必要なサーバー会社を探してみましょう。

サーバーは会社によってサービスが異なります。

また、同じサーバー会社でもレンタル料金によってもサービスが違うので気をつけてください。

サーバー取得も、画面に出てくる指示通りに行うだけなので、難しくありません。

こちらもパスワード用のメモを残しておきましょう。

詳しくはこちらを参考にしてください。⇒ソレイユコラム「エックスサーバー契約方法」

ワードプレスを使いたい人もサーバー取得は必須です。

まとめ

ネットショップを開設する際は、現実店舗と同じです。

土地(サーバー)を探し、その上にお店(ワードプレスなど)を建て、住所(ドメイン)を作るだけなのです。

インターネット用語にすると難しく感じるでしょう。

実際は実際のお店を開くのと同じような仕組みになっています。

レンタルサーバー会社は実に多いので、自分に必要なサーバーを探しましょう。

またレンタルサーバー会社では、ドメイン無料となっていることが多いので、一緒に登録すると便利です。